概要

関数を呼び出します。
呼び出し先の関数でretすると呼び出し元の関数に戻ってきます。

書式

グローバル関数

 call <関数の戻り値の型> <関数名> ( [<引数の型> [,<引数の型> [, ...] ] ] )

クラスの静的メンバ関数

 call <関数の戻り値の型> [<ライブラリ名、名前空間名など>]<クラス名>::<関数名> ( [<引数の型> [,<引数の型> [, ...] ] ] )

クラスのメンバ関数

 call instance <関数の戻り値の型> [<ライブラリ名、名前空間名など>]<クラス名>::<関数名> ( [<引数の型> [,<引数の型> [, ...] ] ] )


手順

静的関数

  1. 引数をpush
  2. call


クラスのメンバ関数

  1. オブジェクトへの参照をpush
  2. 引数をpush
  3. call


参照


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire
Last-modified: 2018-01-25 (木) 15:08:57