• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • nsclu へ行く。

***名称 [#t5b824ad]
-nsclu
-nsclu2 (RFC 3484 対策版)

#ref(http://images.xenowire.net/nsclu_b.png,nolink)

~
***ソースコード @ GitHub
IPv4版 for Windows
#ref(https://github.com/xenowire/nsclu_ipv4)

~
***概要 [#wa9a4eb6]
NS との連携により HA クラスタ(特に遠隔クラスタ)を構成します。~
同じネットワーク・iDC内に代替ノードが有る必要はありません。~
~
放っておけば勝手に機能不全ノードを切り離し代替ノードに切り替え、~
復帰すれば元の構成に戻します。~

~
なお RFC 3484 により、DNS ラウンドロビンが実質意味の無いものとなってしまったため、~
nsclu バージョン 2 ではノードの状態/負荷に応じて接続先を切り替えるよう仕様変更されています。~
(参照: [[nsclu2 で追加された機能>nsclu#function_nsclu2]])

~
''[ 補足 ]''
DNSラウンドロビンの代替機能をお探しの場合は、SRVレコードの検討をお勧めします。

~
***背景 [#c541ef42]
[[xpdk]] と同様、物理的に隔絶されている安価なレンタルサーバーを束ねて使用するために開発されました :D~
またサーバーへの攻撃対策を含む、ディザスタリカバリ対策のためにも開発されました。~

~
***サンプルサイト [#r107009b]
-http://d.xenowire.net/   ※現在は nsclu2 モードで稼働中

~
障害発生時の nsclu1 モードの動作 @ 2010/05/31
#ref(http://images.xenowire.net/dxenocl20100531.png,nolink)

~
***特徴 [#m9700e38]
-いずれかのノードが動作していればサイトは利用可能
-NS との連携ができる環境であれば、共用レンタルサーバーでも利用可能
-NS の TTL が短いほど復帰までの時間も短い

~
***機能 [#n5c6b93f]
nsclu1
+稼働状況の監視
+応答の無いノードを A レコード から排除して接続維持率を確保
+必要であれば NS を再起動

~
&aname(function_nsclu2);
nsclu2 で追加された機能
+DNSラウンドロビンの選択化
+負荷状況の監視
+ノード優先度決定因子の導入
++スペック・バックボーンなどを基にした静的重み付け
++負荷状況に応じた動的重み配分
+時間帯指定による除外
+フェイルカウントによる除外
+フェイルカウント数に応じたノード機能回復後の穏便な復帰
+アクセスリミッターによる除外
+ノードのIPアドレス変更への自動追従

~
***注意点 [#w3bd9ed9]
-nsclu には仕様策定の時点でデータミラーリング機能が付加されていません。~
(そのためサンプルサイトでは [[xpdk]] との組み合わせで利用されています。)
-ミラーリングは別途行う必要があります。

~
***共用レンタルサーバー+ nsclu [#x564e22d]
共用レンタルサーバーで出来る事は無論限られますが、何より自分でサーバーのメンテナンスを行う必要がありません。~
サーバー運営者により再起されます。~
また(酷い事業者でない限り)稼働率も年々良くなり root 権限が無くてもかなりの事が出来るようになっています。~
~
前述の通り nsclu は、自動的にサーバーの障害を検知し、別サーバーへ誘導。サービスの継続性を確保します。~
~
自サーバー設置・ハウジング・VPS・専用サーバー契約などに伴う、人件費・設備投資・リース料などと比較した場合、~
桁違いにコストを抑えた HA クラスタが構築できます。~

~
***状態 [#y77feaad]
-運用中開発中公開中

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 リンク元 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire