このプロジェクトは薬剤関連プロジェクトの一部です。




名称

概要

薬剤Wiki のデータをもとに、HTML+Flash を(もしかしたら Ajax も)使用して相互作用のある薬剤などをブラウザ上で動的に表示します。
関連している項目をクリックすることで、その項目も展開されます。

一般公開・提供を前提に開発されており、ユーザが処方歴などワークスペースの保存・管理をブラウザのみで行うことが出来ます。

medicurve.plan2.png


予定されている機能

  1. 相互作用を視覚的に表示(相互作用チェック)
    • 相互の添付文書から辿る.
    • それぞれの薬剤に関与する酵素の「阻害」「誘導」などを辿る.
    • それぞれの作用機序を辿る.
  2. 処方された薬剤の記録(お薬手帳の Web 版的位置づけ)
    • URI によって個々の処方状況を保存できるようにする.
      • 公開・パスワード付き公開・非公開の選択を可能にする.
      • 読み取り専用、またはパスワードによる書込可能の選択を可能にする.
  3. 類薬候補表示
    • より相互作用の少ない類薬があれば候補として表示.


ターゲットブラウザ

  • Firefox, IE6 等 (2010年現在)
    ※薬剤Wiki のクライアントに IE6 がまだあるため SVG による実装は見送り


状態

  • 開発中


ver 0.0.8

scrshot0008.png





medicurveまでの流れ

  1. vispup - 言語: .NET で試作
  2. (コード名d4) vispup2 - Javaランタイム脆弱性問題で移植プラン取り消し
  3. (コード名d5) - Flashのみで再構築開始。一般公開取り止め。
  4. HTML+Flash に変更、一般公開提供を前提に開発、名前も medicurve に変更

    なおHTML5での記述も検討


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 リンク元 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire
Last-modified: Thu, 25 Jan 2018 15:10:32 JST