Top / memo / costel / WiTV


Costel WiTV - CVS-150CA についての個人的メモ


ffdshow error ダイアログが表示され再生できない

環境 :

  • Windows 8.1 x64
  • WiTV Player 0.3.6
  • WiTV本体 1.45.1


問題 :

  • プレイヤーの再生ボタンを押すと、プログレスバー 80% 近くで ffdshow error ダイアログが表示され、再生できない。
    witv-ffdshow-error_ffmpeg.png
 ログ:
 
 [Run] [VingRTSPServer Thread
 [tmRTSPClient_Tick] SourceFilter load success.  <-- ソースフィルタ(WiTVSourceFilter)のDirectShowグラフへの読み込みは正常.
 [tmShowProgress_Tick] @@@@@@@@@@@@@@[80]@@@@@@@@@@    <-- プログレスバー 80%
 【 ここでエラーダイアログ 】
 [tmHideProgress_Tick] tmHideProgress_Tick!!!!!!!!!!!!!!!    <-- プレイヤーはエラーを検知せずにプログレスバーを非表示に


原因 :

  • システムに«ffdshow»がインストールされている場合、そちらのffmpeg.dllを読みに行ってしまう
    • WindowsのCOMでないDLLは、カレントディレクトリ・Path環境変数の順で探される仕様
    • ffdshow.ax による ffmpeg.dll の探し方に問題?
    • «ffdshow» と «WiTV同梱版ffdshow» は共存不可?


対処 «暫定版» :

  • «WiTV同梱版ffdshow» が «ffdshow» の ffmpeg.dll を探せないようリネームする。
  • «WiTV同梱版ffdshow» が «ffdshow» の ffmpeg.dll を探せないよう格納フォルダ等のアクセス権設定を変更する。


    リネームにより«ffdshow»の ffmpeg.dll の利用を失敗させ、«WiTV同梱版ffdshow»の ffmpeg.dll を読むようにした例 :

    witv-ffmpeg-procmon.png


Windows版プレイヤーを起動するとアプリケーション例外が発生する

環境 :

  • Windows 8.1 x64
  • WiTV Player 0.3.6
  • WiTV本体 1.45.1


問題 :

  • Windows版プレイヤーを起動すると FIPS に関するアプリケーション例外が発生する
     ************** 例外テキスト **************
     System.Reflection.TargetInvocationException: 呼び出しのターゲットが例外をスローしました。 ---> System.InvalidOperationException: この実装は Windows プラットフォーム FIPS 検証暗号化アルゴリズムの一部ではありません。


原因 :

  • システム側で FIPS が有効になっている


対処 :

  • Windows版 WiTV プレイヤーを使用したい時のみ FIPS を無効にする。

    (参照: パスワードの設定に失敗する 02)

  • 他で FIPS を使用することが無ければ無効のままでも良い?


パスワードの設定に失敗する 02

環境 :

  • Windows 8.1 x64
  • WiTV Player 0.3.5 および 0.3.6
  • WiTV本体 1.45.1


問題 :

  • プレイヤー設定(SettingWizard.exe)でパスワード入力後、次へをクリックするとアプリケーションエラーが発生する。
  • プレイヤー設定(SettingWizard.exe)が [mscorlib] System.Security.Cryptography.CryptoConfig クラスの CreateFromName メソッドを呼び出した際に、TargetInvocationException が発生しており、この例外が想定・処理されていない。


原因 :

  • システム側では 連邦情報処理規格(FIPS) が有効であるのに対し、SettingWizard.exe が CreateFromName メソッドで要求する暗号化アルゴリズムは FIPS に準拠していないため、例外がスローされている。


対処 «管理者権限が必要» :

  • ポリシーエディタまたはレジストリエディタでシステムの FIPS を無効にする。
  • プレイヤー設定(SettingWizard.exe)完了後は有効に戻して構わない...? <-- プレイヤーがffdshowのロードに失敗するため未検証
  • FIPS を有効に戻すと、プレイヤー起動時にアプリケーション例外が出る。

    (参照: Windows版プレイヤーを起動するとアプリケーション例外が発生する) 

    • ポリシーエディタを使用する場合
      «〜 FIPS 準拠アルゴリズムを使う» を 無効 にする
      witv_setup_localpolicy.png

    • レジストリエディタを使用する場合
       [REG_DWORD]
       HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\FipsAlgorithmPolicy\Enabled
        を 0  にする.


パスワードの設定に失敗する 01

問題 :

  • パスワード入力後にエラーが出る。
    • Windows 8.1 : パスワード入力後アプリケーションエラーでクライアント側が強制終了。

      (22861ポートでのHTTP ダイジェスト認証で、クライアント側ソフトが落ちる。)

    • Android 4.1 : パスワードが違うというエラーが出て進まない

      (クライアント側がレスポンスコード406を受け取っている。)


原因 :

  • WiTV本体のファームウェアが古い


対処の前提条件 :

  • WiTVが(DHCPなどで)IPアドレス取得に成功していること


対処 :

  • 少し古いWindowsでWiTV Playerを実行し、ファームウェアを更新
    • 動作確認済み環境

      OS : WindowsXP SP3


WiTVの前面のLEDが左右に点滅し続ける

問題 :

  • 壊れてます。EEPROMが飛んでいるだけかもしれませんが、望み薄?
  • パケットも一切出ないのでDHCPでアドレスも取りに行きません。ARP含めブロードキャストにも応答しません。


対処 :

  • ファームウェアを持っている場合はUSBメモリに入れ、WiTVに挿して、電源を入れ直してしばらく待てば直るらしい?(未検証)
  • ファームウェアを持っていない場合は返品するか、Costelに連絡。


帯域幅と通信量

設定最小 [kbps]最大 [kbps]
低画質64240
中画質128640
高画質400? 2000-3000

※パケットヘッダなどを除く


通信量 ※1バイトあたり8ビットの場合
@64kbps :

  • 1min. -> 64kbits ( /1sec. ) / 8bits * 60sec. = 480kbytes (480KB)
  • 1hour -> 1min. * 60 = 28,800kbytes (約28.1MB)
  • 1day -> 1hour * 24 = 691,200kbytes (675MB)
帯域幅 [kbps]通信量
1min.1hour1day3days1week1month
(30days)
64480KB28.1MB675MB1.98GB4.61GB19.8GB
2401.75MB105MB2.47GB7.42GB17.3GB74.2GB


アプリケーションについて

  • WiTV 0.3.6 クライアントアプリケーションセット - Windows
    • SettingWizard.exe
      • .NET 4.0 アセンブリ
      • ウィザードの各ページは、page1.dll〜page10.dll および pageLast.dll を読み込んで表示
    • wiTVplayer.exe


このページのスクリーンショットについて

  • ウィンドウの色が統一されていません。Windows テーマの時間・イベントによる自動変更です。申し訳。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire
Last-modified: 2018-01-25 (木) 15:10:56