Top / memo / mobile / au_SA001

au SA001 に関する個人的なメモです。

正確性などの保証はできません。
このページの情報を利用する場合は、各自の責任においてお願いします。



不具合と対処方法

画面がフリーズし、徐々に画面が白くなり、最後には画面全体が真っ白になる

電源を落とさずに復旧する方法 【バッテリの残量がある時のみ有効】

  1. Σ( ̄Д ̄;)ビックリ してもよいので、とりあえず落ち着く。
    特にメール作成中などは不用意にキー操作をしない
  2. 照明設定で「充電中点灯」をオンにしている場合は、充電器を外す。
    分からない場合は取り敢えず、充電器を外す
  3. スライドを閉じる
  4. 画面表示がオフになり、画面が暗くなるまでキー操作をせずに待つ
  5. スライドを開ける
  6. 真っ白い画面から回復していれば対処完了


これまでの体験から:

  • 白くなるキッカケは不明
  • 白くなった時の SA001 は見かけ上、完全アウトに見えるが、中身は動いていることがある
    • 試しに白くなったままの SA001 で、通話終了ボタンを短く数回押し(画面は白いままなので勘で)強制的に待ち受け画面に戻り、
      電話番号をキー入力して通話ボタンを押したところ、通話可能だった。


電源が勝手に落ちる

ボタンシールを貼らない ( ̄ω ̄;

個人的な感想ですが、SA001 のキーは慣れるまで相当時間がかかります。

当初ボタンシールを貼っていましたが、勝手に電源が切れるようになりました。


電源が落ちたのは以下の場合。

  • スライドを閉じる時
  • スライドを閉じている時
  • スライドを閉じていてバイブが作動した時

(バッテリ切れを除いて)スライドを開けた状態で電源が落ちたことはありませんでした


メーカー修理に出しましたが、再現不能・水没反応無し・詳細不明ということで、「念のため基盤交換」という形で戻ってきました。


その後はボタンシールを貼らずに使用し、電源が落ちることもなくなりました。



残念ながらこの例では「ボタンシールを貼らない」と「基盤交換」、どちらが原因だったのか分かりませんでした・・・。

憶測ですが、ボタンシールを貼ると、スライド液晶側に付いている通話終了(電源)ボタンが、裏側から押されて電源が落ちる。
のかも知れません???


スライドを開いた状態で無理な力をかけない (当たり前ですが・・・)

スライドを開いたままケータイを投げたり、落としたり、座ったり;すると、
ほぼ一発でスライド部分が歪みます。


具体的には...

  1. 本来液晶裏にピッタリくっついている金属(基盤?)が、離れてしまいます。
  2. スライドの開閉に引っかかりを感じることがあります。
  3. スライドを閉じて横から見たときの、液晶側とシートキー側の隙間が広くなります。
  4. スライドの開閉を繰り返すうちに、液晶裏側の塗装が剥がれてきます。


上のような状態になった場合は、修理をおすすめします;
一応、そのまま無理に使うことも出来ますが、気持ちよくありません(実体験


液晶バックライトの明るさが不安定(機能設定 → 画面表示 → 照明 → ディスプレイ照明 → 明るさ設定 → 自動調節モード の時)

自動調節に使われる明るさ検知窓は、着信/充電LEDの左にあります。

SA001 では、本体の明るさ(液晶画面や着信/充電LEDの明るさ)が、周囲の明るさと勘違いされてしまうことがあります(実体験


特に保護シートを貼っている場合、この症状が出ることが多いです(これも実体験

  • SA001 対応でない液晶保護シートを貼っている場合
  • SA001 対応保護シートでも、明るさ検知窓をシートが覆ってしまっている場合


対策:

  • 保護シートを剥がしてもバックライトの明るさが不安定 → 修理に
  • 保護シートを剥がすとバックライトの明るさが安定 → 保護シートが原因
    • 保護シートを貼り直し
    • 自動調節モードをやめる
      (ただし Level1 固定だと外で暗い、Level5 固定だと電池消耗早いなど難あり)


SA001 のシートキーはどうやって押せばいい?

あくまで参考に。

片手で押す場合

  • 親指の、爪の横を使って押す感覚。


両手で押す場合

  • 指の爪で押すくらいの感覚。
    (爪立てすぎて、シートキーを破らない程度に!)


SA001 と相性の良くない/他のキーも押してしまう押し方

  • 指の先端(爪がシートキーに触れない程度)で押す
  • 指のお腹で押す
  • ケータイに対して縦方向に指を添えて押す

→ キーを押した時にシートキー全体が若干凹むので、他のキーを押してしまいます。


SA001 のジョグキーの操作

これもあくまで参考に。

縦横の移動(方向キー)

  • 力むとダメです(決定キー扱いになります)
  • 指の横腹や指先を軽く置いて、ジョグを押し込まず、縦横にずらす感じです

決定するとき(決定キー)

  • 縦横にブレないよう、ジョグ中央に押し込みます(ブレると方向キー+決定キー扱いになったりします)
  • 縦横に動かす際のジョグの「カクカク」感覚をつかむと、大丈夫になります。
    (これを書いている人は慣れるのに一年ほどかかりました;)

なお、ジョグキーは、工場出荷時から使用時間が長くなるにつれて柔らかくなってくるようです。
なので新品や、修理したばかりの時はより固く感じます。


SA001 の反応が急に遅くなることがある

  • 特にマルチキャストデータを受信をしている間に遅いです。
    (Ez ニュースフラッシュなどのデータを受信している間)


SA001 の入力が遅い場合には、先押し・押し溜め

  • 画面がトロい時には、ボタンだけ(先に)押していくことで、画面が後からついてきます;

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire
Last-modified: 2018-01-25 (木) 15:11:06