概要

overoverlay.png

iansopの12代目。
モジュール型のネットワークアプリケーション実験システム。
コア部分は完成。
でもモジュールが充実しないと意味無し。

※注:上の図の内容は(今のところ)9割がた空想です :p

柔軟性

modules4.png
  • あらゆるサービスやアプリケーション、プロトコルやルーティング方法を変更可能。
  • モジュールは動的に起動・停止が可能で、他モジュールからの機能呼び出しに応じて自動起動させることも可能。
  • ルーター管理やプロトコル管理部分もモジュールとして実装されているためそれら自身の変更も可能。

プロトコル

  • ノード間の通信に使用するプロトコルモジュールを好きに選べるため、制限された通信環境などに対応可能。
  • 対応したプロトコルモジュールを作成すれば既存のネットワークの再利用が可能。

アプリケーション

  • 一つのtricenネットワークを複数のアプリケーションが利用するため、アプリケーション毎のネットワーク構築は不要。

サービス

iansop12.tricen.png
  • 複数の最上位アプリケーションから利用される統一的なサービスを作成することで、重複した実装や処理を軽減することが可能

トラフィック

  • 通信方法もモジュール次第。ブロードキャストはもちろん、マルチキャストやユニキャスト、エニキャストにも対応可能。
  • 複数のアプリケーションがネットワークやサービスを共同利用することで、無駄なトラフィックを軽減。

匿名性

  • 複数のプロトコルが利用でき、既存のネットワークを媒体として利用でき、複数のアプリケーションの通信データを混ぜて送信できることから、匿名性の高い情報発信が可能。
  • ルーティングやフローの方法を変更することで更に匿名性を高めることが可能。

考え方として似ていると思われる物

  • DirectShowのフィルタグラフ
  • Windowsのサービスコントローラ
  • 突き詰めると「インターネットに匿名性を実現するレイヤーを入れたい」というだけなんですが、普及が難しいので一番上で。
  • torがクローズドネットワークに対応すればtricenは無用。

状態

公開版(ここで開発してる版)は開発中空想中


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 リンク元 ヘルプ 最終更新のRSS xenowire
Last-modified: Thu, 25 Jan 2018 15:13:38 JST